料理

夜間に停電が起きると、人々は暗闇に包まれてしまいます。夜間でも照明器具があれば昼間のように活動することができますが… More »

生活家電

住まいにおいて、様々な生活家電が用いられています。生活家電というのは、日常生活において用いられる… More »

蓄電

オール電化とは、簡単に言うとガスの力で動かしている家電を、電気で動くものに切り替えるという取り組みです。 More »

 

切り替え

目玉

オール電化によって、ガスコンロをIHクッキングヒーターに切り替えると、火を使わずに料理をすることができます。
火災が起こる原因には、ガスコンロからの出火があります。家庭で火を使う場所と言えばキッチンなので、キッチンから出火する可能性はいつでも存在しています。
火は、注意して使っていれば便利なものです。お肉や野菜に火を通したり、お湯を沸かしたりすることができます。
ただし、目の悪い高齢者や、何事にも興味を示す小さなお子さんにとっては、火がある生活よりも火がない生活の方が安全な暮らしだと言えるのです。
そのため、住まいの安全性を高めるために、高齢者や小さなお子さんがいるご家庭でオール電化を導入するケースがわりと多いのです。

また、家庭用蓄電池を活用すると、結果として光熱費が活用前よりも安くなるケースがあります。
昼間は電気の使用量が少なくなりますが、朝と晩には住まいにおいて電気の使用量が増える時間帯です。
そして、家庭用蓄電池は比較的電気料金が安い夜間に蓄電をしておき、電気代が高くなりがちな朝と晩に放電するという活用方法ができるのです。

災害

ライト

災害が起こった時は、電気の供給がストップしてしまいます。
この時、家庭用蓄電池で蓄電をしておけば、非常運転モードに切り替わって、停電中でも家電を使用することができるのです。
そのため、家族の安否を確認したり、テレビで情報を集めたりすることができるので、停電時にも備えておけるシステムなのです。

また、ガスや水道と比べると、一般的にはもっとも復旧が早いのが電力だと言われています。
そのため、オール電化にしておくことで、いち早くライフラインを確保することができるのです。

光熱費

電球

オール電化にすると、別々に請求が来ていた光熱費を一本化することができます。
例えば、ガスコンロとガス給湯器を使っていると、ガス代の請求書と電気代の請求書が別々に届きます。
ただ、オール電化にすることで、これまで別々に請求が来ていたガス代と電気代の請求が一つになります。
そのため、料金の支払いをする時にわかりやすいというメリットがあり、家庭全体でどれくらいの電力を使用しているのか認識しやすくなります。

また、家庭用蓄電池を活用することで、太陽光発電で発電した電気を更に効率よく活用できるようになります。
太陽光発電は太陽の力でエネルギーを作り出しますが、昼間に発電した電気を家庭用蓄電池に充電しておくことで、電気をできるだけ買わない生活にシフトできるのです。
家庭用蓄電池は太陽光発電と組み合わせることで色々なメリットを生むようになり、色々な用途に活用できるシステムなのです。